文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「surrounding」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「surrounding」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「surrounding」の意味について1分で理解しよう!

「surrounding」は形容詞として周囲の環境や物のことを指し、名詞としてその周辺地域や状況を指します。

何かの中心を囲んでいるものを表現する際に使います。

ネイティブスピーカーは「surrounding」をどんな場面で使う?

ネイティブは「surrounding」を、ある場所の周辺にある別の場所や状況について話すときに使用します。

また、物語の舞台や情景の描写に使うこともあります。

「surrounding」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日々の会話やニュースでしばしば使われる一般的な単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「surrounding」をマスターしよう!

例文1

The park is beautiful with its surrounding nature.
その公園は周囲の自然が美しいです。

例文2

We need to consider the surrounding circumstances.
私たちは周辺の状況を考慮する必要があります。

例文3

The surrounding villages were affected by the flood.
その洪水により周辺の村々が影響を受けました。

「surrounding」の発音をマスターしよう!

発音|səˈraʊndɪŋ/サラウンディング この単語は3音節で構成されており、「サラウンディング」と発音されます。

「sə-」は「サ」と発音され、軽いシュワ音が付きます。

「-raʊnd-」は「ラウンド」と発音され、強勢が置かれます。

「-ɪŋ」は「ディング」と発音され、軽く発声されます。

「surrounding」の類義語はどんなものがある?

「adjacent」は特に地理的な接近性を強調し、「surrounding」に比べて隣接している部分を指します。

例文:Theres a coffee shop adjacent to the library.
和訳:その図書館の隣にはコーヒーショップがあります。

「surrounding」の対義語はどんなものがある?

「distant」は、物理的または象徴的に遠く離れていることを指します。

「surrounding」は近くを意味しますが、「distant」は遠くを意味します。

例文:She moved to a distant city for her job.
和訳:彼女は仕事のために遠い街へ引っ越しました。

「surrounding」を語源から学んでみよう

「surrounding」は、「surround」という動詞から来ています。

これはフランス語の「surronder」(環状に囲む)から派生し、「sur(上)」と「ronder(円を描く)」の組み合わせが語源です。

類似の語源を持つ単語としては「round」(円い)や「surrogate」(代理)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,