文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「tackle」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「tackle」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「tackle」の意味について1分で理解しよう!

「tackle」は動詞と名詞で使われます。

動詞としては「取り組む」「対処する」、スポーツでは「タックルする」(特にラグビーやアメリカンフットボールで相手を止めるために体をぶつける行為)の意味があります。

名詞としては、「釣り具」やその他の具体的な作業をするための装置や道具のことを指します。

ネイティブスピーカーは「tackle」をどんな場面で使う?

ネイティブはこの単語を仕事や日常生活の問題に取り組むと言う時、またはスポーツ(特にラグビーやアメリカンフットボール)の文脈でプレイヤーが相手を止めるために行う行為を指す時に使います。

「tackle」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

日常的な会話やニュース、スポーツの文脈でよく使います。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「tackle」をマスターしよう!

例文1

The team is ready to tackle the challenge.
チームはその挑戦に取り組む準備ができている。

例文2

He bought new tackle for his fishing trip.
彼は釣り旅行のために新しい釣り具を買った。

例文3

The defender executed a perfect tackle on the attacker.
ディフェンダーは攻撃者に完璧なタックルをした。

「tackle」の発音をマスターしよう!

発音|ˈtækəl/タックル この単語は2音節で構成されており、「た」と「くる」に近いカタカナ読みをします。

"tæk-"は「タック」と発音され、"-əl"は「ル」と発音されます。

「tackle」の類義語はどんなものがある?

「confront」は直面する、立ち向かうという意味であり、問題などに直接取り組む場合に使います。

「tackle」はもっと広い範囲で問題に取り組むときに使われます。

例文:You need to confront your fears.
和訳:あなたは自分の恐怖に立ち向かう必要がある。

「tackle」の対義語はどんなものがある?

「avoid」は避けることを意味します。

取り組むや解決するの反対として、問題を回避する様子を示します。

例文:He decided to avoid the problem entirely.
和訳:彼はその問題を完全に避けることを決めた。

「tackle」を語源から学んでみよう

「tackle」の語源は古英語の "tæcle" に由来し、装置や用具を意味します。

古ノルド語の "takl" に関連し、捕らえる、握る、取り組むなどの意味合いがあります。

装置を用いて何かに取り組む概念から派生しています。

類似の語源を持つ言葉には "attach" や "entangle" などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,