文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「trademark」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「trademark」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「trademark」の意味について1分で理解しよう!

「trademark」は、商標として知られ、企業や個人が自身の商品やサービスを他のものと区別するために使用する一意の記号、デザイン、または表現です。

これは法的な保護を受けることもあり、偽造や無断使用から守るために存在します。

ネイティブスピーカーは「trademark」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは、ビジネスの会話や法的な議論において、特定の商品やサービスを識別する公式の印やロゴについて話す時に「trademark」を使用します。

また、特有の特徴や習性を表す際にも使われることがあります。

「trademark」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階中で3。

日常生活よりはビジネスや法的な話題でよく使われる語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「trademark」をマスターしよう!

例文1

They registered the logo as a trademark.
彼らはそのロゴを商標として登録した。

例文2

Copying a trademark is illegal.
商標のコピーは違法です。

例文3

A trademark helps consumers identify the products source.
商標は消費者が商品の出所を識別するのを助けます。

「trademark」の発音をマスターしよう!

発音: [ˈtreɪdmɑrk], トレードマーク この単語は2音節で、「トレード」と「マーク」という2つの単語の組み合わせです。

「トレー」の部分は長い "eɪ" 音、そして「ドマーク」の部分は強い "r" 音が特徴的です。

「trademark」の類義語はどんなものがある?

「brand」はしばしば「trademark」と交換して使われますが、ブランドは商標を超えた全体のイメージや企業の識別を指します。

例文: They are building their brand.
和訳: 彼らは自社のブランドを築いています。

「trademark」の対義語はどんなものがある?

「generic」は、商標の対義語です。

これはブランド名ではなく一般的な名前、または商品のカテゴリを指します。

例文: "Aspirin" is now a generic term, not a trademark.
和訳: 「アスピリン」は現在、商標ではなく一般名です。

「trademark」を語源から学んでみよう

「trademark」は「trade」(交易・取引)と「mark」(印・標識)という二つの単語が合わさった合成語です。

この単語は15世紀後半に由来し、もともとは物や家畜などに所有者を示すために使用された印を意味していました。

類似の言葉には「tradable」(取引可能な)や「marketer」(マーケター)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,