文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「utensil」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「utensil」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「utensil」の意味について1分で理解しよう!

「utensil」とは、料理や食事の際に使われる道具のことを指します。

例えば、包丁、スプーン、フォーク、ナイフ、ボウル、フライパンなどがこれにあたります。

主にキッチンや食卓で使う、手を汚さず食品を扱うための道具を指すことが多いです。

ネイティブスピーカーは「utensil」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは、日常生活の中で料理をするときや食事の設定に必要なアイテムについて話す際に「utensil」を使うことがあります。

レシピや調理法を説明する時や、新しいキッチン用品や食器を購入する際にもこの単語が出てきます。

「utensil」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常生活で頻繁に使われる基本的な単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「utensil」をマスターしよう!

例文1

Please wash the utensils after dinner.
夕食後には器具を洗ってください。

例文2

Do we have enough kitchen utensils to make the cake? ケーキを作るための十分な調理器具はありますか?

例文3

She arranged the utensils neatly in the drawer.
彼女は引き出しに器具をきちんと整えました。

「utensil」の発音をマスターしよう!

発音|ˈjuː.ten.sɪl/ユーテンシル utensilは3音節で、「ユー」「テン」「シル」と発音されます。

最初の音節「ユー」は強調されます。

「テン」は軽く、「シル」は「シ」に続いて「ル」となる音です。

「utensil」の類義語はどんなものがある?

「implement」はもっと一般的な用途の工具や器具を指し、農業や建設など幅広い分野で使われる道具も含まれます。

utensilは特にキッチンや食事に関連するアイテムを指すことが多いです。

例文:We need better implements for the farm work.
和訳:農作業にはもっと適した道具が必要だ。

「utensil」の対義語はどんなものがある?

utensilの直接的な対義語は限定されますが、「disposable items(使い捨て品)」が対比されることがあります。

utensilは通常、繰り返し使用するものを指し、disposable itemsは一回限りの使用を意味します。

例文:In this picnic, lets use disposable items for convenience.
和訳:このピクニックでは便利な使い捨て品を使用しましょう。

「utensil」を語源から学んでみよう

「utensil」の語源は中期フランス語の「utensile」や、ラテン語の「uti(使う)」に由来しています。

「--il」は物を表す接尾語です。

似た語源を持つ単語に「utilize」や「utility」などがあり、これらも「使う」という意味の語源から派生しています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,