文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「vendor」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「vendor」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「vendor」の意味について1分で理解しよう!

「vendor」は名詞で、「売り手」や「販売者」という意味があります。

製品やサービスを消費者や他の企業に供給する人または会社を指します。

市場やストアで個々の商品を売る小売業者から、企業間取引を行う大規模な供給業者まで様々な規模の売り手をさします。

ネイティブスピーカーは「vendor」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「vendor」を、商品やサービスを販売する人や企業について話すときによく使います。

ビジネスの取引での会話、または日常的にマーケットやストアで物を買う際に使われることが一般的です。

「vendor」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常的に使われる単語で、市場やショッピングに関する話題で頻度高く使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「vendor」をマスターしよう!

例文1

The street vendor sells fresh fruit every morning.
その路上の売り手は毎朝新鮮な果物を売っています。

例文2

We need to find a new IT software vendor for our company.
私たちは会社の新しいITソフトウェアの販売者を探さなければならない。

例文3

Food vendors are common at the festival.
食べ物の売り手は祭りでは一般的です。

「vendor」の発音をマスターしよう!

発音|ˈvɛndɔr/ヴェンドァ 「vendor」は二音節で、「ヴェン」と「ドァ」と発音されます。

最初の音節「ven-」が強勢で、次に軽く「-dor」が続きます。

「vendor」の類義語はどんなものがある?

「merchant」 類義語として「merchant」がありますが、こちらはより一般的な取引を行う売り手を意味し、時には伝統的な商人や大規模な貿易業者を指すこともあります。

例文:The spice merchant offered a variety of exotic flavors.
和訳:その香辛料の商人は、さまざまな異国情緒あふれるフレーバーを提供していた。

「vendor」の対義語はどんなものがある?

「buyer」 対義語は「buyer」で、これは「買い手」という意味になります。

売り手が商品を売ることに対して、買い手は商品やサービスを購入する人や組織です。

例文:As a buyer for the retail store, I attend many trade shows.
和訳:小売店の買い手として、私は多くの展示会に出席します。

「vendor」を語源から学んでみよう

「vendor」はラテン語の「vendere(売る)」に由来し、フランス語を経由して英語に取り入れられました。

これと似た語源を持つ言葉に「vend」や「vending machine(自動販売機)」がありますが、これらも商品を売るという共通点を持っています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,