ビジネスメールの必須フレーズ

[ビジネスメール]ネイティブに聞いた「自己紹介させてください」は英語で何? 例文から類似の表現まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

今回はビジネスのメールでよく使う、「自己紹介させてください」の英語表現について解説します。

英語でのメールは「ビジネスで使える表現?文法は正しい?件名はどうすればいい?」と迷うことが多いと思います。

そのような時でも簡単にメールできるように、例文・類似フレーズを交えて詳しく説明します!

ポイント

「自己紹介させてください」はビジネスメールでは、「Allow me to introduce myself; I am」です!
この記事を読むことで、「Allow me to introduce myself; I am」の使い方はメールの書き方をマスターできます!

紹介している例文などはネイティブスピーカーから確認済みです。

「Allow me to introduce myself; I am」を1分で理解しよう!

「Allow me to introduce myself」は、「自分を紹介させてください」という意味です。このフレーズは、新しい人と会った時やメールで初めて連絡する時など、自分を初めて相手に知らせる時に使います。それで、自己紹介を始めたい時に礼儀正しく自分の名前や仕事、関心事などを相手に伝えることができます。

「Allow me to introduce myself; I am」はビジネスメールで使える?

ビジネスメールでは、新しい取引先や仕事関係者に自己紹介するときに使うのに適しています。カジュアルな場面でも、新しい友達やグループに加わった時に使えます。

ビジネスメールで使う例を見てみよう!

自分

実際に使える例文を2つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

英文: Dear Ms.
Smith, allow me to introduce myself.
I am John Doe, the new project manager assigned to the upcoming marketing campaign.
和訳: スミス様、自己紹介をさせていただきます。私はジョン・ドウで、これから始まるマーケティングキャンペーンの新しいプロジェクトマネージャーです。

例文2

英文: Hello Team, allow me to introduce myself.
My name is Jane Doe, and I will be working with you as the lead designer for this project.
和訳: チームの皆さん、自己紹介をさせてください。私の名前はジェーン・ドウで、このプロジェクトではリードデザイナーとして皆さんと一緒に仕事をすることになります。

似ているフレーズを学んで使い分けよう!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

My name is~ : より直接的でシンプルな自己紹介のフレーズです。 英文: My name is Robert, and I will be your consultant for this project.
和文: 私の名前はロバートです。このプロジェクトではご相談役を務めさせていただきます。

I would like to introduce myself: 「Allow me to introduce myself」と似ていますが、少し控えめな表現方法です。 英文: I would like to introduce myself; I am a new intern at the finance department, Lisa Wong.
和文: 自己紹介をさせていただきます。私は財務部の新しいインターン、リサ・ウォンです。

まとめ

ビジネスメールを英語で作成するのは最初は時間がかかってしまいますよね。

ただ実際には使うフレーズは決まったものが多く、慣れてしまうのが最大の近道です。

これからも実際に使える有用なフレーズを多数紹介しますので、是非参考にしてください!

-ビジネスメールの必須フレーズ
-