文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「archive」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「archive」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「archive」の意味について1分で理解しよう!

「archive」は名詞で、「公文書」、「記録文書」、「アーカイブ」としての意味を持ちます。

また、動詞としても使用され、「(資料などを)アーカイブする」すなわち保管・保存するという意味をもちます。

ネイティブスピーカーは「archive」をどんな場面で使う?

ネイティブは「archive」を、古い文書や情報が保存されているところまたはそのプロセスを指す場合に使います。

また、電子メールやファイルを整理して保存する場合にも使われることがあります。

「archive」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

一般的な用語で、しばしばビジネス文書や大学レベルの文献で見られます。

*難易度はネイティブに10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「archive」をマスターしよう!

例文1

The historical documents are stored in the archive.
歴史的文書はアーカイブに保存されています。

例文2

She browsed through the archive to find old newspaper articles.
彼女は古い新聞記事を探すためにアーカイブを調べました。

例文3

Please archive all the email correspondence related to the project.
プロジェクトに関連するすべての電子メール往復をアーカイブしてください。

「archive」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈɑrkaɪv/ アーカイヴ この単語は2音節で構成されており、「ar-」の部分で /ɑr/ 'アー' と発音され、次に「-kaiv」で /kaɪv/ 'カイヴ' と発音されます。

第一音節の/ar/は開いた口で深く響かせる「アー」と発音し、 強勢のある音節です。

第二音節の/kaɪv/は/i/に近い音の「カイ」の後に、唇を振動させながら「ヴ」と発音する音が続きます。

「archive」の類義語はどんなものがある?

repository 「archive」と「repository」はどちらも保存や保管を意味する場合に使われますが、「repository」は一般的な貯蔵場所やデータの保管庫全般を指すことがあります。

例文: Our code is stored in a repository on GitHub.
和訳: 私たちのコードはGitHubのリポジトリに保存されています。

「archive」の対義語はどんなものがある?

disposal 「archive」は保管し記録を保存することを意味するのに対して、「disposal」は処分や廃棄を意味するため、正反対の行為に使われます。

例文: These confidential papers are for immediate disposal.
和訳: これらの機密文書はただちに破棄する必要があります。

「archive」を語源から学んでみよう

「archive」の語源はギリシャ語の「arkheia」に由来し、「公的記録」という意味です。

これは「arkheion(公共の建物)」から派生しており、「arkhē(政府)」に関連しています。

似た語源を持つ単語には「archaic」(古風な、古代の)や「archeology」(考古学)があります。

これらの単語はすべて「始まり」や「古い」を意味する元のギリシャ語に関連しています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ