文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「collaboration」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「collaboration」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「collaboration」の意味について1分で理解しよう!

「collaboration」は名詞で、共同で仕事をすること、または協力して行う創作活動を意味します。

異なる個人またはグループが一つの目標に向かって力を合わせることを指します。

ネイティブスピーカーは「collaboration」をどんな場面で使う?

ネイティブはこの単語を、仕事やプロジェクト、アート、音楽、科学、ビジネスなど、様々な分野での共同作業を示す場合に使用します。

学術的な研究や企業間のパートナーシップの説明にも使われます。

「collaboration」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

多くの人が大学や職場で使う一般的な単語です。

*難易度はネイティブに10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「collaboration」をマスターしよう!

例文1

The collaboration between the two companies resulted in a new product.
二社間の共同作業により、新製品が生まれました。

例文2

Effective collaboration is essential for the success of a project.
プロジェクトの成功には効果的な協力が不可欠です。

例文3

Artists from different genres came together for a unique collaboration.
異なるジャンルのアーティスト達が、特異な共同作業のために集まった。

「collaboration」の発音をマスターしよう!

発音 kəˌlæbəˈreɪʃən/コラボレイション この単語は5音節で構成されており、次のように発音されます: - col- : 「コル」と読みますが、最初の音節の「o」はシュワ音「ə」に近いです。

- lab- : 「ラブ」と読みますが、ここも非強勢音でシュワ音に近いです。

- -o- : 「オ」と読み、強勢音節で「レイ」と発音されます。

- -ra- : 「ラ」と読み、ここでもシュワ音が使われます。

- -tion : 「ション」と読み、「ʃən」とされます。

全体を通して、強調は「-o-」すなわち「レイ」に置かれることが重要です。

「collaboration」の類義語はどんなものがある?

cooperation 「collaboration」とよく似ていますが、「cooperation」は単に協力することで、必ずしも共同で何かを創作するとは限りません。

例文:International cooperation is vital for global issues.
和訳:国際協力は世界的な問題に不可欠です。

「collaboration」の対義語はどんなものがある?

rivalry 「collaboration」は協力を意味しますが、「rivalry」は競争や対立を意味します。

共同ではなく、競い合う関係です。

例文:Rivalry between the two teams was intense.
和訳:2つのチーム間の競争は激しかった。

「collaboration」を語源から学んでみよう

「collaboration」はラテン語の「collaborare」から来ています。

これは、「cum」(一緒に)と「laborare」(働く)からなり、文字通り「一緒に働く」ことを意味します。

同じ語源から派生した単語には「collaborator」(共同作業者)や「labor」(労働)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ