文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「bid」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「bid」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「bid」の意味について1分で理解しよう!

「bid」は名詞としては「入札(金額)」を意味し、オークションなどで商品やサービスを求める際に提示される金額を指します。

動詞としては「入札する」、「提案する」、「命じる」など複数の意味を持ち、コンテキストによって異なる使われ方をします。

ネイティブスピーカーは「bid」をどんな場面で使う?

ネイティブは「bid」をオークションやテンダー、仕事の契約などの入札で使います。

また、別れの挨拶や命令を伝える際にも「bid」が使われることがあります。

「bid」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階で5です。

日常会話やビジネス英語においてそれほど難しくはなく、よく使われる単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「bid」をマスターしよう!

例文1

He made a bid on the antique vase.
彼はその古代の花瓶に入札した。

例文2

The company bid for the construction project.
その会社は建設プロジェクトの入札を行った。

例文3

I will bid you farewell.
私はあなたに別れを告げます。

「bid」の発音をマスターしよう!

発音|bɪd/ビッド この単語は1音節から構成され、「b」から始まり、「ɪ」の短いイの音を経て「d」で終わります。

口を閉じた状態から始まり、舌を軽く上の歯茎に当てて「ビッ」と発音し、「ド」で閉じます。

「bid」の類義語はどんなものがある?

「offer」は「提供する、申し出る」という意味で、「bid」と似ていますが、「bid」は競争的な状況で使われる場合が多く、「offer」は単に何かを提供する際に用いられます。

例文:She made an offer on the house.
和訳:彼女はその家に対してオファーを出した。

「bid」の対義語はどんなものがある?

「withdraw」は入札を取り消すことを意味し、「bid」の対義語と見なされることがあります。

例文:He decided to withdraw his bid.
和訳:彼は入札を取り下げることにした。

「bid」を語源から学んでみよう

「bid」の語源は、古英語の「bēodan」で、「提供する、命じる」という意味です。

同語源の単語には、「forbidden」(禁じられた)や「bidding」(命令)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,