文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「constraint」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「constraint」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「constraint」の意味について1分で理解しよう!

「constraint」とは、制約や拘束といった意味を持つ名詞です。

何かを行う際に存在する制限や束縛、強いてやらせる力のことを指します。

たとえば、物理的な限界、法的な規制、社会的な圧力などが、ある行動や選択を制約する要素となることがあります。

ネイティブスピーカーは「constraint」をどんな場面で使う?

ネイティブは「constraint」という単語をプロジェクトや活動の計画段階で、利用可能なリソースや時間などの制限要因を話し合う場面で使用します。

また、個人の行動が外的な力によって制約されていることを表現する際にも使われます。

「constraint」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階評価で5です。

専門的な文脈やビジネスの場面で使うことが多く、一般的な日常会話ではあまり使われない単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「constraint」をマスターしよう!

例文1

Budget constraints limit our options.
予算の制約が私たちの選択肢を限定しています。

例文2

He acted under the constraint of his principles.
彼は自身の原則の拘束のもとで行動した。

例文3

The constraints of time made it impossible to finish the project.
時間の制約がプロジェクトを終えることを不可能にした。

「constraint」の発音をマスターしよう!

発音|kənˈstreɪnt/コンストレイント この単語は2音節で構成され、「con-」の音節は「コン」と発音され、「-straint」の音節は「ストレイント」と強く発音されます。

強勢は「-straint」の音節にあります。

「constraint」の類義語はどんなものがある?

「restriction」 「restriction」は「constraint」と同じように制限や限界を意味しますが、「restriction」は特に規則や法律に基づく制限を指すことが多いです。

例文:There are restrictions on smoking in public places.
和訳:公共の場所での喫煙には制限があります。

「constraint」の対義語はどんなものがある?

「freedom」 「freedom」は制約や拘束の逆で、自由や自由行動の範囲を意味します。

「constraint」がどのような制限があるかを強調するのに対し、「freedom」はその制約から解放されることを指します。

例文:We cherish the freedom of expression.
和訳:我々は表現の自由を大切にする。

「constraint」を語源から学んでみよう

「constraint」の語源は、ラテン語の「constringere」から来ています。

「constringere」は「con-」(一緒に)と「stringere」(絞る、引き締める)の結合であり、文字通りには何かを固く引き締めることから、制約や束縛の意味に派生しました。

関連する言葉には「constrict」(締め付ける)や「strict」(厳しい)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,