文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「transact」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「transact」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「transact」の意味について1分で理解しよう!

「transact」は動詞で、「(ビジネスなどの)取引を行う」、「商いをする」、「処理する」などの意味を持ちます。

通常、ビジネスや公式な取引に関連した行為を指す場合に使います。

ネイティブスピーカーは「transact」をどんな場面で使う?

ネイティブは「transact」を主にビジネス文脈や公式の文脈で取引や事務処理を表す際に使います。

銀行での金融取引、不動産の売買、または企業間の商取引を指したりする際によく使われます。

「transact」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

ビジネス英語でよく使われるため、ビジネス環境では慣れ親しんでいるが、日常会話で使うことはそれほど多くないです。

*難易度はネイティブに10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「transact」をマスターしよう!

例文1

We need to transact this deal by tomorrow.
私たちはこの取引を明日までに行う必要があります。

例文2

She transacted a large amount of stocks on the market today.
彼女は今日、市場で大量の株を取引しました。

例文3

The bank is equipped to transact in multiple currencies.
その銀行は複数通貨で取引を行う設備を備えています。

「transact」の発音をマスターしよう!

発音: trænˈzækt/トランザクト この単語は通常2音節で、次のように発音されます: - tran-: 最初の音節は「トラン」と発音され、始めの「t」の音に続いて「r」の音、「æ」のア音が来る。

- -zact: 二番目の音節は強勢があり、「ザクト」と発音されます。

「z」の音に続いて「æ」のア音、そして「kt」の音が続きます。

「transact」の類義語はどんなものがある?

negotiate 「transact」と「negotiate」はどちらもビジネスの取引に関連していますが、「negotiate」は取引の交渉や協議を意味し、「transact」は取引の実行そのものを指します。

例文:Let's negotiate the terms of the contract.
和訳:契約条件を交渉しましょう。

「transact」の対義語はどんなものがある?

cancel 「transact」と対照的に、「cancel」は既に行われている取引や予定などを取り消すことを意味します。

例文:We had to cancel the transaction due to a pricing error.
和訳:価格の誤りがあったため、その取引を取り消さなければならなかった。

「transact」を語源から学んでみよう

「transact」の語源はラテン語の「transigere」から来ています。

これは、「trans(横切って)」と「agere(行動する)」という意味のラテン語が合わさったもので、文字通り何かを通して行動することを指します。

関連語として「transaction」(取引)、または動作を意味する「act」、「agent」(代理人)、などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ