文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「An apple a day keeps the doctor away」の意味 海外ドラマや日常会話で頻出!語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回はネイティブスピーカーや海外ドラマでは頻繁に使用されますが、日本人には馴染みのない「An apple a day keeps the doctor away」について詳しく解説します!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください。

ポイント

「An apple a day keeps the doctor away」は「一日一個のリンゴで医者いらず。

毎日のリンゴが医者を遠ざける」の意味で、日常会話や海外ドラマで頻繁に使われる表現です!

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

まずは「An apple a day keeps the doctor away」の意味について1分で理解しよう!

「An apple a day keeps the doctor away」という古い英語のことわざは、リンゴを毎日食べることで健康を保ち、病気のリスクを減らすことができるというアドバイスです。

つまり、毎日リンゴを食べることは、健康的な生活習慣の一つと見なされるため、医者の訪問が必要なくなる、すなわち健康問題を予防できると言われています。

ネイティブスピーカーは「An apple a day keeps the doctor away」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーはこのフレーズを使って、予防医学の大切さや健康的な食生活の重要性を表現する際に使います。

また冗談めかして健康に良いとされる食品を食べる時や、体にいいことをしていると示唆する時に使うことがあります。

「An apple a day keeps the doctor away」は日常会話で使う?ビジネスやフォーマルでも使える?

このフレーズは非常に一般的であり、カジュアルな日常会話で頻繁に使用されます。

しかし、フォーマルな場やビジネスのコンテキストではあまり使われません。

より健康に関する具体的なアドバイスや情報を共有する状況では使われることがあります。

例文で「An apple a day keeps the doctor away」をマスターしよう!

自分

日常会話で使う例文を3つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

My grandma always says, "An apple a day keeps the doctor away.
" おばあちゃんはいつも「一日一個のリンゴで医者いらず」と言っている。

例文2

He eats his apple every morning, believing it keeps the doctor away.
彼は毎朝リンゴを食べて、それが医者を遠ざけると信じている。

例文3

I pack an apple in my lunch as a way to keep the doctor away.
昼食にリンゴを詰めるのは、医者を遠ざける方法だ。

「An apple a day keeps the doctor away」の類義語はどんなものがある?

「An apple a day keeps the doctor away」の類義語を紹介していきます!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

類義語:Prevention(予防)

「Prevention」は病気を未然に防ぐことを意味し、「An apple a day keeps the doctor away」も同様の予防医学の考えを表します。

類義語: "A stitch in time saves nine.
" 「裁縫をすれば、九つの穴を防げる」という意味で、事前の小さな手当てが後の大きな手間を省くという意味です。

同じく予防の重要性を説くことわざです。

「An apple a day keeps the doctor away」の対義語はどんなものがある?

対義語:Neglect(怠る)

「Neglect」は必要なケアや注意をしないことを意味し、「An apple a day keeps the doctor away」の予防する積極的な行動とは反対の概念です。

対義語: "Penny wise, pound foolish.
" 「小銭をケチって大金を失う」という意味で、短期間の小さな節約に注力して長期的な大きな損失を招く行動を表しており、積極的な予防というより、後手に回ることを意味します。

「An apple a day keeps the doctor away」の発音をマスターしよう!

/ən ˈæpəl ə ˈdeɪ ˌkiːps ðə ˈdɒktər əˈweɪ/、アン アップル ア デイ キープス ザ ドクターアウェイ。

"An"は「アン」と発音され、「apple」の「a」は「アッ」とし、「day」は「デイ」と長めに、「keeps」は「キープス」として、「the」は「ザ」と、「doctor」の「o」は「オ」として、「away」は「アウェイ」と発音されます。

「An apple a day keeps the doctor away」を語源から学んでみよう

このフレーズは19世紀のウェールズで起源を持ち、元の形は「Eat an apple on going to bed, and youll keep the doctor from earning his bread」とされています。

似た語源を持つ言葉としては、他の健康に関わることわざ、「Early to bed and early to rise, makes a man healthy, wealthy, and wise」(早寝早起きは三文の徳)などがあります。

これらはすべて、健康的な生活習慣の重要性を強調することわざです。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-