ビジネスメールの必須フレーズ

[ビジネスメール]ネイティブに聞いた「結論としては~」は英語で何? 例文から類似の表現まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

今回はビジネスのメールでよく使う、「結論としては~」の英語表現について解説します。

英語でのメールは「ビジネスで使える表現?文法は正しい?件名はどうすればいい?」と迷うことが多いと思います。

そのような時でも簡単にメールできるように、例文・類似フレーズを交えて詳しく説明します!

ポイント

「結論としては~」はビジネスメールでは、「In conclusion~」です!
この記事を読むことで、「In conclusion~」の使い方はメールの書き方をマスターできます!

紹介している例文などはネイティブスピーカーから確認済みです。

「In conclusion~」を1分で理解しよう!

「In conclusion~」は、「結論として~」という意味です。話や文章が最後に近づいているときに使います。これを使うと、今まで話したことや、文章に書いた大事なポイントをまとめて、一番大切なことを伝える時です。学校のレポートだったり、会議でのプレゼンテーション、ビジネスのメールでよく見かけるフレーズです。

「In conclusion~」はビジネスメールで使える?

ビジネスメールでよく使われます。カジュアルな場面でも使えますが、もっとくだけた言い方をすることが多いです。

ビジネスメールで使う例を見てみよう!

自分

実際に使える例文を2つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

英文: In conclusion, we believe the proposed strategy will increase efficiency and reduce costs for the upcoming fiscal year.
和文: 結論として、提案された戦略は、来る会計年度での効率性を高め、コストを削減すると考えています。

例文2

英文: In conclusion, please confirm your availability for the meeting by the end of this week.
和文: 結論として、今週末までにミーティングのご都合を確認していただきたいです。

似ているフレーズを学んで使い分けよう!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

To summarize: こちらも最後に使って、話の要点をまとめる時に使用しますが、より簡潔に要点を述べるときに使います。 例文: To summarize, the main goals for our team this quarter are to increase sales and improve customer satisfaction.
和文: まとめますと、今四半期我々チームの主な目標は、売上を増やし顧客満足度を向上させることです。

To wrap things up: より会話的、またはプレゼンテーションでの終わりを表す時に使いますが、結論を出すよりは、話を終えるときに使うフレーズです。 例文: To wrap things up, Id like to thank everyone for their hard work this month.
和文: 終わりに、今月一丸となって頑張ってくれた皆さんに感謝したいと思います。

まとめ

ビジネスメールを英語で作成するのは最初は時間がかかってしまいますよね。

ただ実際には使うフレーズは決まったものが多く、慣れてしまうのが最大の近道です。

これからも実際に使える有用なフレーズを多数紹介しますので、是非参考にしてください!

-ビジネスメールの必須フレーズ
-