ビジネスメールの必須フレーズ

[ビジネスメール]ネイティブに聞いた「話した通りに…」は英語で何? 例文から類似の表現まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

今回はビジネスのメールでよく使う、「話した通りに…」の英語表現について解説します。

英語でのメールは「ビジネスで使える表現?文法は正しい?件名はどうすればいい?」と迷うことが多いと思います。

そのような時でも簡単にメールできるように、例文・類似フレーズを交えて詳しく説明します!

ポイント

「話した通りに…」はビジネスメールでは、「Per our conversation~」です!
この記事を読むことで、「Per our conversation~」の使い方はメールの書き方をマスターできます!

紹介している例文などはネイティブスピーカーから確認済みです。

「Per our conversation~」を1分で理解しよう!

「Per our conversation~」は、「私たちが話した通り…」という意味です。このフレーズは、以前に話し合った内容に基づいていることを相手に伝える時に使います。こう言うことで、すでに話し合ったことに対して次の行動を取ることを明らかにするのです。

「Per our conversation~」はビジネスメールで使える?

ビジネスのメールにおいて、非常に適したフレーズです。しかし、カジュアルな状況ではあまり使われません。普段の友達同士の会話では、もっとくだけた言い方をすることが多いです。

ビジネスメールで使う例を見てみよう!

自分

実際に使える例文を2つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

英文: "Per our conversation, I have processed the payment and you should receive the confirmation shortly.
" 和文: 「私たちの話によると、支払いを処理しました。まもなく確認の通知が届くはずです。」

例文2

英文: "Per our conversation earlier, I am sending the revised contract for your review and signature.
" 和文: 「さきほどの会話通り、見直した契約書を送りますので、レビューと署名をお願いします。」

似ているフレーズを学んで使い分けよう!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

As discussed: もう少し短くて、一般的な表現です。 例文: "As discussed, I will arrange the meeting for next Wednesday.
"

Following our discussion: よりフォーマルで、話し合いの後に続く行動を指します。 例文: "Following our discussion, Ive updated the project timeline accordingly.
"

まとめ

ビジネスメールを英語で作成するのは最初は時間がかかってしまいますよね。

ただ実際には使うフレーズは決まったものが多く、慣れてしまうのが最大の近道です。

これからも実際に使える有用なフレーズを多数紹介しますので、是非参考にしてください!

-ビジネスメールの必須フレーズ
-