ビジネスメールの必須フレーズ

[ビジネスメール]ネイティブに聞いた「前のメールに続けて…」は英語で何? 例文から類似の表現まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

今回はビジネスのメールでよく使う、「前のメールに続けて…」の英語表現について解説します。

英語でのメールは「ビジネスで使える表現?文法は正しい?件名はどうすればいい?」と迷うことが多いと思います。

そのような時でも簡単にメールできるように、例文・類似フレーズを交えて詳しく説明します!

ポイント

「前のメールに続けて…」はビジネスメールでは、「As a follow-up to my previous email~」です!
この記事を読むことで、「As a follow-up to my previous email~」の使い方はメールの書き方をマスターできます!

紹介している例文などはネイティブスピーカーから確認済みです。

「As a follow-up to my previous email~」を1分で理解しよう!

「As a follow-up to my previous email~」は「前のメールに続けて」という意味のフレーズです。これは、すでに送ったメールの内容に関連する追加の情報や、話題の更新、質問、依頼などを伝える時に使います。連絡を続けることを相手に伝えたい場合に便利です。

「As a follow-up to my previous email~」はビジネスメールで使える?

ビジネスメールでよく使われます。しかし、カジュアルな場面では少し堅苦しいので、親しい友人などには自然な日常言葉を使った方が良いでしょう。

ビジネスメールで使う例を見てみよう!

自分

実際に使える例文を2つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

英文: "As a follow-up to my previous email, I am reaching out to confirm our meeting for next week.
" 和文: 前回のメールに続いて、来週の会議の確認をさせていただきたいと思います。

例文2

英文: "As a follow-up to my previous email, please find attached the revised contract for your review.
" 和文: 前回のメールに続けて、修正された契約書を添付しましたので、ご確認ください。

似ているフレーズを学んで使い分けよう!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

Further to our last correspondence:よりフォーマルな言い回しで、特にビジネスのコミュニケーションで用いられる言い方です。

Building on my previous email:カジュアルもしくはビジネスの文脈で使われることがあり、前のメールを受けて、さらに情報を加える際に使います。

まとめ

ビジネスメールを英語で作成するのは最初は時間がかかってしまいますよね。

ただ実際には使うフレーズは決まったものが多く、慣れてしまうのが最大の近道です。

これからも実際に使える有用なフレーズを多数紹介しますので、是非参考にしてください!

-ビジネスメールの必須フレーズ
-