文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「publicity」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「publicity」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「publicity」の意味について1分で理解しよう!

「publicity」は名詞で、「世間の注目を集めること」や「宣伝」「公表」を意味します。

企業や人物がメディアを通じて自身や製品の情報を広めることによって認知度を高める活動を指します。

ネイティブスピーカーは「publicity」をどんな場面で使う?

ネイティブは公のイベント、新製品の発売、映画の公開など、何かを広く知らせる必要があるときに「publicity」を使います。

また、広報活動やメディアの取り上げられ方について話す際にも用いられます。

「publicity」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

メディアや広告に関する話題でよく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「publicity」をマスターしよう!

例文1

They hired a new PR firm to handle their publicity.
彼らは宣伝を扱うために新しい広報会社を雇いました。

例文2

The movie gained a lot of publicity before its release.
その映画は公開前に多くの宣伝を得た。

例文3

Negative publicity affected the politicians image.
否定的な宣伝が政治家のイメージに影響を与えた。

「publicity」の発音をマスターしよう!

発音|ˈpʌblɪsɪti/パブリシティ 「publicity」は4音節で構成されており、強勢は最初の音節públに置かれます。

「pu-」は「パ」と発音され、"ˈpʌb" と表記されることが多いです。

「-blic-」は「ブリ」と発音され、"lɪk" と表記されます。

「-ity」で終わる音節は「ティ」と発音され、"sɪti" と表記されます。

「publicity」の類義語はどんなものがある?

「promotion」 「promotion」は製品やサービスを促進する行為を表し、publicityよりも販売促進に重点を置いた言葉です。

例文:Theyre running a promotion for the new product.
和訳:彼らは新製品のプロモーションを行っている。

「publicity」の対義語はどんなものがある?

「secrecy」 「secrecy」は情報を公開しないこと、秘密にする状態を意味します。

publicityが広く知られることを目指すのに対し、secrecyは知られないことを目的とします。

例文:The company maintains secrecy about its future plans.
和訳:その会社は将来の計画について秘密を保っています。

「publicity」を語源から学んでみよう

「publicity」はラテン語の「publicus(公の)」に由来し、公にすること、公共の関心事を意味するようになりました。

似た語源を持つ単語には「public」(公衆の、公共の)、「publish」(発行する、公表する)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,