文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「condense」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「condense」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「condense」の意味について1分で理解しよう!

「condense」という動詞には、いくつかの意味があります。

物理的な意味では、ガスや蒸気が液体になることを指します。

また、文章や話を要約して短くする、情報を凝縮するという意味でも使われます。

いずれの場合も、元々広がっていたものをより小さく、濃縮することを意味します。

ネイティブスピーカーは「condense」をどんな場面で使う?

ネイティブは「condense」を使って、化学反応で気体が液体に変わるプロセスを説明する場面や、長い文章をより短く、要点を押さえて伝えたい場合に使用します。

「condense」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

普通の日常生活で比較的使われることは少ないですが、科学の話題や文章を短くしたいときには使います。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「condense」をマスターしよう!

例文1

Water vapor will condense into droplets on a cold surface.
水蒸気は冷たい表面に触れると液体の滴に凝縮します。

例文2

Please condense the report into two pages.
報告書を2ページに要約してください。

例文3

I need to condense my thoughts before I explain them.
私の考えを説明する前に、それを凝縮する必要があります。

「condense」の発音をマスターしよう!

発音|kənˈdens/コンデンス この単語は2音節で構成されており、「con-」は「コン」と軽く、"dens" の部分は「デンス」と強調しながら発音します。

"dens" の部分には強勢があります。

「condense」の類義語はどんなものがある?

「synthesize」 「synthesize」は結合や統合の意味も含めて、複数の部分や情報を集めて新しい形にすることを言います。

うまく合わせることが強調されます。

例文:The researcher synthesized the data from various experiments.
和訳:研究者は様々な実験から得たデータを統合した。

「condense」の対義語はどんなものがある?

「expand」 「expand」は対義語であり、物事を広げる、または詳しく説明することを指します。

量や範囲を大きくする意味があります。

例文:We need to expand our business to new markets.
和訳:私たちはビジネスを新しい市場に広げる必要がある。

「condense」を語源から学んでみよう

「condense」はラテン語の「condensare」から来ており、「com-(完全に)」と「densare(濃くする)」が組み合わさってできています。

これは「密度を高める」という意味を含んでいます。

似た語源の言葉には「dense」(密な)や「density」(密度)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,