文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「Averse」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「Averse」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

英語力をゼロから本気で身に着けるためのロードマップ公開中

英会話力に特化してレベルアップするためのロードマップはこちら

英語学習で成果が出ていない方は個別の無料相談も受け付けています!詳細はこちら

まずは「Averse」の意味について1分で理解しよう!

「averse」は形容詞で、「嫌っている」、「反対している」、「嫌悪している」などの意味を持ちます。

何かに対して強い拒否感や否定的な感情を示す際に使用されます。

「私は健康食品を食べるのを嫌がっている(I am averse to eating healthy food)」などが例です。

ネイティブスピーカーは「Averse」をどんな場面で使う?

ネイティブはこの単語を、個人の好みや態度について話すときに使います。

例えば、食べ物の好み、活動への参加など、何かを嫌がる場合に使われます。

「Averse」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で7です。

日常会話ではあまり使わないため、少し難易度が高いと考えられます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「Averse」をマスターしよう!

例文1

She is averse to risk.
彼女はリスクを嫌がる。

例文2

He is averse to change.
彼は変化を嫌がる。

例文3

I am averse to loud noises.
私は大きな音を嫌う。

「Averse」の発音をマスターしよう!

発音|əˈvɜrs/アヴァース この単語は2音節で構成されており、次のように発音されます:  - a- : 最初の音節は「ア」と発音され、"ə-" と表記されることが多いです。

この「ア」はシュワ音(曖昧な短い母音)です。

 - verse : 第二音節は「ヴァース」と発音され、"vɜrs" と表記されます。

強勢がこの音節に置かれており、「v」の音に続いて、明瞭な「ɜ」音、最後に「rs」の音が続きます。

「Averse」の類義語はどんなものがある?

「reluctant」 「reluctant」は「身が入らない」、「ためらう」を意味し、「averse」の場合は強い否定感を表します。

例文: She was reluctant to speak in public.
和訳: 彼女は公の場で話すのをためらっていた。

「Averse」の対義語はどんなものがある?

「keen」 「keen」は「熱心な」、「積極的な」を示します。

「averse」とは反対に、何かに対して積極的な興味や好意を持っていることを表します。

例文: She is keen to learn new things.
和訳: 彼女は新しいことを学ぶのに熱心だ。

「Averse」を語源から学んでみよう

「averse」の語源はラテン語の「aversus」(背けた)から来ており、「ab」(から遠ざける)と「vert」(向きを変える)から構成されています。

同じ語源の言葉には「invert」(反転する)や「divert」(方向を変える)があります。

「Averse」はアメリカ英語とイギリス英語どっちでよく使う?

「averse」はアメリカ英語とイギリス英語の両方で使用されますが、意味や使用方法に大きな違いはありません。

どちらの英語圏でも同様に理解され、使用される単語です。

+α 英語力向上には無料のコーチングカウンセリングがおすすめ

私が英語力を向上させるために最も近道だと感じたのは、英語コーチングの無料カウンセリングを受けることです。

この無料体験で、自分の足りないところや、現在の英語レベル、おすすめのカリキュラムを教えてもらい、自分にあった最適な勉強法を理解することができます!

自分

”無料のカウンセリング"だけを受けるのがポイント!コーチング自体は数十万かかるためかなりの高額ですが、体験は無料でかなり有益です!

当時の私は3ヵ月後に英語が標準語のチームに入るということで必死で、高額のコーチングもいろいろ面談を受けていました。

その中で気づいたのが、英語コーチングのカウンセリング(カウンセリングだけなら無料)が非常に有効だということです!

特に私が実際に通ったPROGRITでは以下のカウンセリングをしてくれました!

  • 学習目的・悩みのヒアリング
  • 英語力診断テスト
  • 学習スケジュールの相談
  • 英語学習の原理
  • カリキュラム作成・提案
  • 具体的なサポート内容
自分

プロのカウンセリングを受けて英語学習の方法が分かるので、本当に最短ルートだったと実感しています。

実際の体験談は以下を参考にしてください!

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,