文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「Bias」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「Bias」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

英語力をゼロから本気で身に着けるためのロードマップ公開中

英会話力に特化してレベルアップするためのロードマップはこちら

英語学習で成果が出ていない方は個別の無料相談も受け付けています!詳細はこちら

まずは「Bias」の意味について1分で理解しよう!

「Bias」は「偏見」や「偏向」という意味を持つ名詞で、特定のグループや観点に対して公平でない態度や意見を示すことを指します。

たとえば、「彼の判断は偏見に満ちている」のように使います。

「bias」はまた、統計や機械学習の分野でデータに影響を与える誤差や偏りを指すこともあります。

ネイティブスピーカーは「Bias」をどんな場面で使う?

ネイティブは「bias」を公正さが求められる場面でよく使います。

例えば、裁判官や審査員が偏見を持つ可能性について話すとき、あるいは調査結果に偏りがある場合などが典型的です。

「Bias」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で7です。

この言葉は日常会話ではそれほど頻繁に使われませんが、学術的な文脈や社会問題を議論する際にはよく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「Bias」をマスターしよう!

例文1

The judge must be free of bias.
裁判官は偏見を持ってはいけません。

例文2

He showed a bias towards his favorite team.
彼はお気に入りのチームに対して偏見を示しました。

例文3

Her decision was influenced by bias.
彼女の決定は偏見に影響されました。

「Bias」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈbaɪ.əs/ カタカナ読み: バイアス 解説: 「Bias」の発音は「バイアス」となります。

最初の音節「バイ」は強調され、次の「アス」は軽く発音されます。

「Bias」の類義語はどんなものがある?

「Prejudice」とは類義語です。

「Prejudice」は特定の人やグループに対して事実に基づかない先入観を持つことです。

たとえば、「彼は外国人に対して強い偏見を持っている」のように使います。

例文:He has a strong prejudice against foreigners.
和訳:彼は外国人に対して強い偏見を持っています。

「Bias」の対義語はどんなものがある?

「Impartiality」が対義語です。

「Impartiality」は公平さを意味し、特定の観点やグループに偏らないことを指します。

たとえば、「彼の意見は非常に公平だ」のように使います。

例文:His opinion was very impartial.
和訳:彼の意見は非常に公平でした。

「Bias」を語源から学んでみよう

「Bias」の語源は古フランス語「biais」または「biaiser」から来ています。

これらの言葉は「斜め」または「偏る」という意味を持ちます。

似た語源の言葉には「askew」(斜めに)や「oblique」(斜めの)が含まれます。

「Bias」はアメリカ英語とイギリス英語どっちでよく使う?

「Bias」はイギリス英語とアメリカ英語の両方で一般的に使われます。

どちらの方言でも広く理解され、使用されますが、学術的や社会問題に関する議論で特によく使われます。

+α 英語力向上には無料のコーチングカウンセリングがおすすめ

私が英語力を向上させるために最も近道だと感じたのは、英語コーチングの無料カウンセリングを受けることです。

この無料体験で、自分の足りないところや、現在の英語レベル、おすすめのカリキュラムを教えてもらい、自分にあった最適な勉強法を理解することができます!

自分

”無料のカウンセリング"だけを受けるのがポイント!コーチング自体は数十万かかるためかなりの高額ですが、体験は無料でかなり有益です!

当時の私は3ヵ月後に英語が標準語のチームに入るということで必死で、高額のコーチングもいろいろ面談を受けていました。

その中で気づいたのが、英語コーチングのカウンセリング(カウンセリングだけなら無料)が非常に有効だということです!

特に私が実際に通ったPROGRITでは以下のカウンセリングをしてくれました!

  • 学習目的・悩みのヒアリング
  • 英語力診断テスト
  • 学習スケジュールの相談
  • 英語学習の原理
  • カリキュラム作成・提案
  • 具体的なサポート内容
自分

プロのカウンセリングを受けて英語学習の方法が分かるので、本当に最短ルートだったと実感しています。

実際の体験談は以下を参考にしてください!

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,