文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「Controversy」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「Controversy」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

英語力をゼロから本気で身に着けるためのロードマップ公開中

英会話力に特化してレベルアップするためのロードマップはこちら

英語学習で成果が出ていない方は個別の無料相談も受け付けています!詳細はこちら

まずは「Controversy」の意味について1分で理解しよう!

「Controversy」は名詞で、「論争」や「議論」、「紛争」を意味します。

人々が対立した意見を持ち、激しく議論することを指します。

例えば、「この新しい法律は多くの論争を引き起こしました。

」(This new law caused a lot of controversy.
)というように使われます。

ネイティブスピーカーは「Controversy」をどんな場面で使う?

政治や社会問題、学術的議論、科学的発見など、人々の意見が分かれる話題について話す際に使われます。

例えば、「その新法律が多くの論争を引き起こした」とニュース記事で言及されることがよくあります。

「Controversy」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で7です。

大学生以上の教育レベルでよく使われ、特に政治や社会問題に関する議論で頻出しますが、日常会話ではそれほど頻繁には出現しない単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「Controversy」をマスターしよう!

例文1

The decision sparked controversy.
その決定は論争を引き起こした。

例文2

The book was surrounded by controversy.
その本は論争に包まれていた。

例文3

The policy has been a source of controversy.
その政策は論争の原因となった。

「Controversy」の発音をマスターしよう!

発音| /ˈkɒn.trə.vɜː.si/ (UK), /ˈkɑːn.trə.vɝː.si/ (US) カタカナ読み| コン・トロ・ヴァー・シー 発音の解説: 音節は3つ(イギリス英語)、もしくは4つ(アメリカ英語)に分けられ、UKの場合は「コン」と「トロ」が強く、USの場合は「カーン」と「トロ」が強調されます。

「Controversy」の類義語はどんなものがある?

「Dispute」との比較:両者ともに意見の対立を意味しますが、「dispute」はより一般的な意見の不一致を示し、「controversy」は公の場での激しい議論を含む場合が多いです。

例文: Their dispute was resolved quickly.
和訳: 彼らの争いはすぐに解決された。

「Controversy」の対義語はどんなものがある?

「Agreement」との比較:「Agreement」は合意や同意を意味し、対立意見がなく調和が取れている状態を示します。

対して「controversy」は対立があり、解決が難しい場合を示します。

例文: They finally reached an agreement.
和訳: 彼らは最終的に合意に達した。

「Controversy」を語源から学んでみよう

「Controversy」の語源は、ラテン語の「controversia」から来ており、「contra(対抗する)」と「versare(回る)」が組み合わさって形成されています。

同じ語源から来ている単語には、「controvert(反駁する)」や「convert(転向させる)」があります。

「Controversy」はアメリカ英語とイギリス英語どっちでよく使う?

この単語はイギリス英語とアメリカ英語の両方で広く使用されます。

使用頻度や意味に大きな違いはなく、両言語で等しく一般的に使用される単語です。

+α 英語力向上には無料のコーチングカウンセリングがおすすめ

私が英語力を向上させるために最も近道だと感じたのは、英語コーチングの無料カウンセリングを受けることです。

この無料体験で、自分の足りないところや、現在の英語レベル、おすすめのカリキュラムを教えてもらい、自分にあった最適な勉強法を理解することができます!

自分

”無料のカウンセリング"だけを受けるのがポイント!コーチング自体は数十万かかるためかなりの高額ですが、体験は無料でかなり有益です!

当時の私は3ヵ月後に英語が標準語のチームに入るということで必死で、高額のコーチングもいろいろ面談を受けていました。

その中で気づいたのが、英語コーチングのカウンセリング(カウンセリングだけなら無料)が非常に有効だということです!

特に私が実際に通ったPROGRITでは以下のカウンセリングをしてくれました!

  • 学習目的・悩みのヒアリング
  • 英語力診断テスト
  • 学習スケジュールの相談
  • 英語学習の原理
  • カリキュラム作成・提案
  • 具体的なサポート内容
自分

プロのカウンセリングを受けて英語学習の方法が分かるので、本当に最短ルートだったと実感しています。

実際の体験談は以下を参考にしてください!

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,