文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「Fetter」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「Fetter」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

英語力をゼロから本気で身に着けるためのロードマップ公開中

英会話力に特化してレベルアップするためのロードマップはこちら

英語学習で成果が出ていない方は個別の無料相談も受け付けています!詳細はこちら

まずは「Fetter」の意味について1分で理解しよう!

「fetter」は名詞として「足かせ」や「束縛」という意味を持ち、動詞としても「拘束する」や「束縛する」という意味で使われます。

「fetter」は物理的な束縛だけでなく、感情や状況における制約を指すこともあります。

たとえば、「彼は経済的な困難に縛られている」というように使います。

ネイティブスピーカーは「Fetter」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは文学的な文章や法的文書で「fetter」を使うことが多いです。

また、比喩的に感情的や状況的な束縛を表現する際にも使われます。

「Fetter」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で7です。

日常生活で頻繁には使われず、文学や専門的な文章で主に見られます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「Fetter」をマスターしよう!

例文1

- The prisoner was fettered.
- 囚人は足かせをされていた。

例文2

- Her creativity was fettered by strict rules.
- 彼女の創造力は厳しい規則に縛られていた。

例文3

- The contract fettered his opportunities.
- 契約が彼の機会を奪った。

「Fetter」の発音をマスターしよう!

- 発音記号: /ˈfɛtər/ - カタカナ読み: フェター - 「fetter」は2音節です。

"fet"は「フェット」と発音し、次に軽く「アー」と続けて発音します。

「Fetter」の類義語はどんなものがある?

- 類義語:「bind」 - 「bind」も「縛る」や「拘束する」という意味があります。

ただし、「fetter」は物理的な拘束だけでなく、精神的または状況的な制約を強調することがあります。

- 例文:He was bound by a promise.
- 和訳:彼は約束に縛られていた。

「Fetter」の対義語はどんなものがある?

- 対義語:「liberate」(解放する) - 「fetter」が束縛や拘束を意味するのに対して、「liberate」は自由にする、解放するという意味を持ちます。

- 例文:She was liberated from her fears.
- 和訳:彼女は恐怖から解放された。

「Fetter」を語源から学んでみよう

「fetter」の語源は古英語の「feter」から来ており、これは足かせや拘束具を意味します。

類似の語源を持つ言葉には「impede(妨げる)」や「shackle(手錠、拘束)」があります。

「Fetter」はアメリカ英語とイギリス英語どっちでよく使う?

この単語は、イギリス英語とアメリカ英語の両方で使用されますが、どちらかと言えば、イギリス英語の方がやや一般的です。

+α 英語力向上には無料のコーチングカウンセリングがおすすめ

私が英語力を向上させるために最も近道だと感じたのは、英語コーチングの無料カウンセリングを受けることです。

この無料体験で、自分の足りないところや、現在の英語レベル、おすすめのカリキュラムを教えてもらい、自分にあった最適な勉強法を理解することができます!

自分

”無料のカウンセリング"だけを受けるのがポイント!コーチング自体は数十万かかるためかなりの高額ですが、体験は無料でかなり有益です!

当時の私は3ヵ月後に英語が標準語のチームに入るということで必死で、高額のコーチングもいろいろ面談を受けていました。

その中で気づいたのが、英語コーチングのカウンセリング(カウンセリングだけなら無料)が非常に有効だということです!

特に私が実際に通ったPROGRITでは以下のカウンセリングをしてくれました!

  • 学習目的・悩みのヒアリング
  • 英語力診断テスト
  • 学習スケジュールの相談
  • 英語学習の原理
  • カリキュラム作成・提案
  • 具体的なサポート内容
自分

プロのカウンセリングを受けて英語学習の方法が分かるので、本当に最短ルートだったと実感しています。

実際の体験談は以下を参考にしてください!

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,