文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「Enervate」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「Enervate」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

英語力をゼロから本気で身に着けるためのロードマップ公開中

英会話力に特化してレベルアップするためのロードマップはこちら

英語学習で成果が出ていない方は個別の無料相談も受け付けています!詳細はこちら

まずは「Enervate」の意味について1分で理解しよう!

「enervate」は動詞で、主に「力を奪う」、「気力を削ぐ」、「疲労させる」という意味があります。

人や動物が物理的、精神的、または情緒的に疲れ果てた状態にすることを指します。

例えば、「長時間の仕事は彼を完全に疲弊させた」という感じで使います。

「長時間のミーティングは私を完全にenervateさせた」と言えます。

ネイティブスピーカーは「Enervate」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「enervate」を特にフォーマルな文脈や文章で使うことが多いです。

例えば、学術論文や文学作品で、特定の状況が人をどれほど疲れさせるかを強調する場合などです。

「Enervate」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で7です。

高校生や大学生が英語の授業で学びますが、日常会話ではほとんど使われません。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「Enervate」をマスターしよう!

例文1

The long hike enervated him.
長いハイキングは彼を疲弊させた。

例文2

The hot weather enervated the team.
暑い天気はチームを疲弊させた。

例文3

Studying all night enervated her.
徹夜の勉強は彼女を疲れさせた。

「Enervate」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ɪˈnɜːrveɪt/ カタカナ読み: イナ―ベイト 解説: この単語は "i" が「イ」、"ner" が「ナ―」、"vate" が「ベイト」と発音されます。

第一音節の強調が特徴です。

「Enervate」の類義語はどんなものがある?

「exhaust」は「疲れさせる」という意味で「enervate」と似ていますが、より広く使われます。

「疲れ果てた」といった強い意味合いがあります。

「enervate」はもっと専門的でフォーマルな感じがします。

例文: The exercise exhausted him.
和訳: 運動で彼は疲れ果てた。

「Enervate」の対義語はどんなものがある?

対義語は「energize」で、「元気を与える」という意味があります。

「enervate」とは逆に、力や活力を与えることを意味します。

例文: The speech energized the crowd.
和訳: 演説は観衆に元気を与えた。

「Enervate」を語源から学んでみよう

「enervate」はラテン語の「enervare(神経を弱める)」に由来し、「e-(外に)」と「nervus(神経)」から成り立っています。

似た語源の単語には「nervous(神経質な)」や「nerve(神経)」などがあります。

「Enervate」はアメリカ英語とイギリス英語どっちでよく使う?

「enervate」はイギリス英語とアメリカ英語の両方で使用されますが、どちらにおいても一般的な会話で使われることは少ないです。

両地域で主にフォーマルな文章や学術的な文脈で見られます。

+α 英語力向上には無料のコーチングカウンセリングがおすすめ

私が英語力を向上させるために最も近道だと感じたのは、英語コーチングの無料カウンセリングを受けることです。

この無料体験で、自分の足りないところや、現在の英語レベル、おすすめのカリキュラムを教えてもらい、自分にあった最適な勉強法を理解することができます!

自分

”無料のカウンセリング"だけを受けるのがポイント!コーチング自体は数十万かかるためかなりの高額ですが、体験は無料でかなり有益です!

当時の私は3ヵ月後に英語が標準語のチームに入るということで必死で、高額のコーチングもいろいろ面談を受けていました。

その中で気づいたのが、英語コーチングのカウンセリング(カウンセリングだけなら無料)が非常に有効だということです!

特に私が実際に通ったPROGRITでは以下のカウンセリングをしてくれました!

  • 学習目的・悩みのヒアリング
  • 英語力診断テスト
  • 学習スケジュールの相談
  • 英語学習の原理
  • カリキュラム作成・提案
  • 具体的なサポート内容
自分

プロのカウンセリングを受けて英語学習の方法が分かるので、本当に最短ルートだったと実感しています。

実際の体験談は以下を参考にしてください!

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,