文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「Burn the candle at both ends」の意味 海外ドラマや日常会話で頻出!語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回はネイティブスピーカーや海外ドラマでは頻繁に使用されますが、日本人には馴染みのない「Burn the candle at both ends」について詳しく解説します!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください。

ポイント

「Burn the candle at both ends」は「両端からろうそくを燃やす、休む間もなく働く」の意味で、日常会話や海外ドラマで頻繁に使われる表現です!

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

まずは「Burn the candle at both ends」の意味について1分で理解しよう!

"**Burn the candle at both ends**"というフレーズは、自分を追い詰めるほど忙しく働くことや、睡眠を削ったり余暇を犠牲にしたりして、時間を最大限に活用しようとする行動を表します。

文字通りの意味では、ろうそくを両端から同時に燃やすことで、寿命を半分にするという意味から来ています。

ネイティブスピーカーは「Burn the candle at both ends」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは、仕事や勉強などで非常に忙しい時や、睡眠不足を覚悟で多くの活動に参加している人を描写する際にこのフレーズを使用します。

長時間労働や過密スケジュールの話題のときに出てきます。

「Burn the candle at both ends」は日常会話で使う?ビジネスやフォーマルでも使える?

この表現はカジュアルな状況でもビジネスの文脈でも使われますが、誰かが非常に一生懸命働いていることを示唆するため、使う際は注意が必要です。

例文で「Burn the candle at both ends」をマスターしよう!

自分

日常会話で使う例文を3つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

Youve been burning the candle at both ends, you should take a rest.
両端からろうそくを燃やしているようだから、休んだほうがいい。

例文2

If you keep burning the candle at both ends, youll get sick.
両端からろうそくを燃やし続けたら、病気になるよ。

例文3

Shes really burning the candle at both ends with work and school.
彼女は仕事と学校を両立させ、ろうそくを両端から燃やしている。

「Burn the candle at both ends」の類義語はどんなものがある?

「Burn the candle at both ends」の類義語を紹介していきます!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

類義語: Overwork(過労)

「Overwork」は働きすぎを意味し、疲れるまで頑張ることです。

"Burn the candle at both ends"はそれ以上に無理をするニュアンスです。

例文:He is overworking himself every day.
和訳:彼は毎日自分を追い込むほど働いている。

類義語: Work oneself to the bone(骨まで働く)

「Work oneself to the bone」ともに、ひどく疲れるほど一生懸命に働くことを表わしますが、「burn the candle at both ends」の方が時間を無駄にしない努力も含みます。

例文:Youre working yourself to the bone; try to pace yourself.
和訳:あなたは骨まで働いているね。

ペースを守るようにしなさい。

「Burn the candle at both ends」の対義語はどんなものがある?

対義語: Slack(怠ける)

「Slack」は怠けることを意味し、「burn the candle at both ends」とは反対に、必要以上に休むか努力をしない様子を示します。

例文:Hes slacking at work, unlike his usual self.
和訳:彼は通常とは異なり、仕事で怠けている。

対義語: Take it easy(のんびりする)

「Take it easy」は穏やかに過ごすことを意味し、「burn the candle at both ends」とは対照的に、何もせずにリラックスすることを示します。

例文:I am not burning the candle at both ends this weekend; I am just going to take it easy.
和訳:今週末は無理をせずにのんびりするつもりだ。

「Burn the candle at both ends」の発音をマスターしよう!

/bɜːrn ðə ˈkændl ət bəʊθ ɛndz/、バーン ザ キャンドゥル アット ボウス エンズ。

ここでは「burn」の「ur」は「バー」と伸ばして発音し、「candle」の「a」は短く「キャ」と発音、「both」の「th」は「ス」ではなく、舌を歯に軽く当てて発音します。

「Burn the candle at both ends」を語源から学んでみよう

「Burn the candle at both ends」は16世紀から17世紀の英語に遡り、文字通りには両端からろうそくを燃やすことから来ており、ろうそくの寿命を短くすることから転じて、自分の健康や時間を無理して使うことを意味するようになりました。

似た表現には「spend oneself」(自分のエネルギーを使い果たす)や「exhaust oneself」(自分を疲れ果てさせる)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-