文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「Busy as a bee」の意味 海外ドラマや日常会話で頻出!語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回はネイティブスピーカーや海外ドラマでは頻繁に使用されますが、日本人には馴染みのない「Busy as a bee」について詳しく解説します!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください。

ポイント

「Busy as a bee」は「忙しいことこの上ない、大忙し」の意味で、日常会話や海外ドラマで頻繁に使われる表現です!

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

まずは「Busy as a bee」の意味について1分で理解しよう!

「Busy as a bee」は、非常に忙しいことを表すフレーズです。

ミツバチが花から花へと働き続ける様子に例えられています。

この表現は、停まる暇もなく積極的に活動しているというイメージを与えます。

仕事でもプライベートでも、何かと忙しい状態を表すのに使われます。

ネイティブスピーカーは「Busy as a bee」をどんな場面で使う?

このフレーズは、自分自身や他人がとても忙しそうにしている場面で使われます。

例えば、仕事が山積みで一日中デスクに向かっている時や、家庭で子育てと家事で手が離せない状態を表したい時に使います。

「Busy as a bee」は日常会話で使う?ビジネスやフォーマルでも使える?

「Busy as a bee」は日常会話で頻繁に使われる表現ですが、あまりフォーマルな印象はありません。

ビジネスシーンでは、もう少し丁寧な言い回しを採用することが多いですが、リラックスした雰囲気の中では使われることもあります。

例文で「Busy as a bee」をマスターしよう!

自分

日常会話で使う例文を3つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

Shes been as busy as a bee with her new project.
彼女は新しいプロジェクトで大忙しです。

例文2

Our mom is busy as a bee around Christmas time.
クリスマスの時期はお母さんが大忙しです。

例文3

Hes always busy as a bee, even on weekends.
彼は週末でもいつも忙しいことこの上ない。

「Busy as a bee」の類義語はどんなものがある?

「Busy as a bee」の類義語を紹介していきます!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

類義語:Industrious(勤勉な)

「Industrious」は努力を惜しまず働く様子を表しますが、「Busy as a bee」ほど忙しいイメージは強くないです。

類義語: On the go(常に動き回って)

「On the go」も目まぐるしく活動することを意味しますが、「Busy as a bee」と違い、移動中に忙しいことが含まれる場合が多いです。

「Busy as a bee」の対義語はどんなものがある?

対義語: Idle(怠けている)

「Idle」は何もしていない、もしくは何もすることがない状態を意味し、「Busy as a bee」の正反対です。

対義語: At leisure(のんびりして)

「At leisure」は落ち着いていて急ぐことなく時間を過ごしている状態を表し、「Busy as a bee」とは反対の状況です。

「Busy as a bee」の発音をマスターしよう!

/bɪzi æz ə biː/、ビジー アズ ア ビー。

このフレーズでは、「busy」は「ビジー」と発音されます。

「as」は短いつなぎの音で「アズ」と読み、次の「a」は「ア」と非常に短く、「bee」は長い「e」の音で「ビー」と発音される点に注意が必要です。

「Busy as a bee」を語源から学んでみよう

「Busy as a bee」での「busy」という言葉は、古英語の「bisig」に由来し、「忙しい」や「仕事での忙しさ」を意味していました。

ミツバチは勤勉さや活動的なライフスタイルの象徴として広く知られており、これにちなんで「bee」という言葉が使われるようになりました。

似た語源を持つ表現には「Busybody」(おせっかいな人)や「Bustling」(活気に満ちている)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-