ビジネスメールの必須フレーズ

[ビジネスメール]ネイティブに聞いた「結論としては~」は英語で何? 例文から類似の表現まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

   

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

   

今回はビジネスのメールでよく使う、「結論としては~」の英語表現について解説します。

英語でのメールは「ビジネスで使える表現?文法は正しい?件名はどうすればいい?」と迷うことが多いと思います。

そのような時でも簡単にメールできるように、例文・類似フレーズを交えて詳しく説明します!

ポイント

「結論としては~」はビジネスメールでは、「As we conclude~」です!
この記事を読むことで、「As we conclude~」の使い方はメールの書き方をマスターできます!

紹介している例文などはネイティブスピーカーから確認済みです。

「As we conclude~」を1分で理解しよう!

「As we conclude~」は、「私たちの話が終わりに近づいています…」という意味のフレーズです。プレゼンテーションや会議が終わるとき、あるいは文章を終えるときによく使われます。この言葉を聞くと、話が最後の部分に来て、まとめや大事な点を伝える時だと聞き手にわかります。大切なポイントを強調するためにも使えます。

「As we conclude~」はビジネスメールで使える?

ビジネスメールで使えます。会議やプレゼンテーションのまとめを伝える際に用いることができます。カジュアルな場面でも使えるでしょうが、話を終えるシグナルとして正式な文脈でより一般的に使用されます。

ビジネスメールで使う例を見てみよう!

自分

実際に使える例文を2つ紹介しますので、是非参考にしてください!

例文1

英文: As we conclude, Id like to remind everyone that the deadlines are approaching and your timely submissions are crucial.
和文: 締めくくりに、締め切りが近づいていること、そして皆さんのタイムリーな提出が重要であることをお伝えしたいと思います。

例文2

英文: As we conclude our meeting, please find attached the summary report which outlines the key decisions made.
和文: 会議を終えるにあたり、重要な決定事項を概説したサマリーレポートを添付いたしましたのでご覧ください。

似ているフレーズを学んで使い分けよう!

自分

似たフレーズを複数学ぶことで、さらに表現力が高まります!

In closing, I would like to say~: よりフォーマルで、最後のコメントや感謝を示す時に使われます。

To summarize~: より具体的なまとめや結果を示すために使われるフレーズです。

まとめ

ビジネスメールを英語で作成するのは最初は時間がかかってしまいますよね。

ただ実際には使うフレーズは決まったものが多く、慣れてしまうのが最大の近道です。

これからも実際に使える有用なフレーズを多数紹介しますので、是非参考にしてください!

-ビジネスメールの必須フレーズ
-